« 霧の中の菅野ダム | トップページ | ルート2~262~9号線 »

2010年3月13日 (土)

みつまたの花が咲いていました

雨の中、道のそばに三俣の花が咲いていました。その横にアジサイの芽が膨らんでいます。

日一日といろいろな植物の芽が動き出したり春を待ちかねたかのようにひと足早く花をすでに咲かせたり、ひと雨ごとに進んでゆきます。

道を走っていると、荷台に楮や三俣を積んだトラックに出あいます。和紙や日本銀行券の材料になるのでしょう。自分の小さい頃にはあちらこちらで楮、三俣をおおきな蒸窯で蒸して皮を剥で白い帯状になったものを冷たい川につけさらしている風景がありました。

私の祖母もあかぎれの切れた手で、冷たい川の水につけてその作業やっていたことを思い出します。祖母の手は、明治生まれの働き者の手でした。私が生まれる前は、和紙もすいていたそうです。納屋にはその道具があったことも思い出されます。

こちらの地方の和紙を「山代和紙」と呼ばれています。近所に和紙センターがあります。今も紙すきしています。またそのことは、書き込みたいと思います。

今日は、三俣の花から私の小さい頃の風景を思い出しまた優しかった祖母を思い出しました。今も祖母は私の心のなかで生きています。ちょっとせんちになってしもうた。いい年こいたおっさんなのにの!

本日はこれまでです読んでもろうてありがとう。Img_0982

|

« 霧の中の菅野ダム | トップページ | ルート2~262~9号線 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みつまたの花が咲いていました:

« 霧の中の菅野ダム | トップページ | ルート2~262~9号線 »