カテゴリー「あゆみ農園のぶどうたち」の記事

2014年3月20日 (木)

ある春の日

Img_6330

ホトケノザ、菜の花の向こうのブドウ畑の葡萄たちは目覚めました

冬場の剪定後の結果母子(ブドウの房がなる新しい枝{新梢}の元)の先から水滴が(樹液動流、ブルージング)出始めました。

Img_6321

今日は曇り空でしたが、時より雲間から青い空が顔を出し、水滴の中にも青空が少し入ってきていました。

ようやく梅の花もほぼ満開、花には働き者のミツバチ

Img_6305

足には花粉玉がしっかり着いていました。

黄色い菜の花にも

Img_6301

こちらは、これからなのでしょう黄色い花の中をせわしなく飛び回っていました。

Img_6298

このおやじの遊び心?真剣?、、、昨年植え付けたものの猛暑にやられモグラに襲撃され

「も~知らん」と、とり手ぶっちゃろうかとおもおた(投げ出しそうと思った)リンドウ

「まだあきらめちゃ~いけんリンドウ生きちょりますよ」とJAの指導員のお兄さんに励まされて背中押されこのオヤジ奮起、苗の下をモグラが掘りつらかした(たくさん掘った)穴を幾度となく押さえ歩いた結果か?全滅とおも~ちょったのにから、芽がでちょらあ~や「やったね!」とこのおやじのヘの字口(かあちゃんがゆうにゃあ~(言うには)カルメロの口)が 二ヤリ

Img_6308

やっぱ、何事も諦めちゃ~いけんね~

かあちゃんには「苗代もかかちょるんじゃけ~ね!もとぐらい最低とりんさいよほん~に わかっちょるんかね!おとうさん 」と耳がいと~(痛く)なるほど言われ続け何十年か前の思春期のように 「お~とっちゃろ~いや」と反抗と強がりを繰り返しながらおやま!はや1年がたち

ま~これからまた1年間ほ~くらんと(投げ出さずに)コツコツやらさせてもらいます。

「やっちゃろ~じゃないか、まだ全滅はしちょらんじゃけ~みちょけ~よ」

ブドウの様子はワンショットでしたが、只今ぶどう棚の補修をしております。来週からビニールの被覆準備、被覆と忙しくなっていきます。頑張らんといけんね~ブドウは、できるんじゃなくて「育て、つくるもの、ワシらからすると1年かけて仕上げる作品」ですから

できるのは趣味、つくるのは「技術」 最後は講釈になりましたハッハ~

ながなが聞いてもろ~てからありがとう

|

2011年2月 7日 (月)

落ち葉かき

Img_8714

本日の葡萄園の作業は、風に吹かれて園に下側の防風ネットや園内の排水溝に集まって積もった落ち葉を集めて園外へ運び出しています。

Img_8718

早い時期にやっておかなければいけなかったのですが今になってしまいました。集めた葉っぱは、家庭菜園の野菜畑にすき込んだりマルチに使います。なぜ落ち葉を集め園外へ出すかとゆうと葉っぱにには葡萄の病害虫が付いていてそのままにしておくと病虫害の発生源になってしまいます。ですから私の園では、園外へ運び出し発生源を少なくする目的でしていす。またぶどう棚についた巻きヒゲもハサミで取り除いたり(棚みがきとも言います)木の皮をはいだり(粗皮削り)株元の草取り(春から)をして虫の侵入を防いだりしています。このような作業を耕種的防除と呼びます。私の農園はエコファーマの認定を受けています。

難しい話になってしまいましたすみませんの~ここらへんでやめちょきます!

Img_8715

田舎おやじの笑いカウント;13 心天気模様 晴れ時々曇り

観てもろ~てありがとう

|

2011年1月30日 (日)

ぶどう畑雪にスッポリ

Img_8615_2

葡萄畑雪にすっぽり覆われています。気温―7℃まで下がり冷蔵庫の中のよう冬の太陽が顔を出し始めた11:30只今の気温1℃

Img_8620

Img_8611

午後からは、徳山ワイ ンシュガ~ネの原料にも出荷する巨峰の剪定作業しようかと思っています。本日で昨年10月からの剪定作業は終了しそうです。秋の収穫向けての次の作業へ一歩前進!

田舎おやじの笑いカウント;8

観てもろ~てありがとう。

|

2011年1月14日 (金)

なんちゅう~てもぶち寒い朝でした

ぶち寒い朝でしたなんと!―7℃まで気温が下がっていました。ここも冷え込みましたね~ 山口市の徳佐が―8℃!林檎が栽培が盛んな所のはずです。

休眠中の葡萄の芽にも濃い霜が降りていました観て下さいな!

Img_8393

南天の紅い実、葉も寒さにふるえあがったかもしれませんしっかりと霜につつまれていました。

Img_8381 

Img_8377

明日から強い寒気がここ山里須金にも入り込みそうです白い雪景色が観られるかも?でもね~大雪にならなければ良いのですが!ほどほどに降ってもらえればいいのですが、これはやはり身勝手な思いでしょうノ、、、寒さにふるえあがった朝の様子でした。

観てもろ~てありがとう。

|

2010年12月24日 (金)

霜柱

まただんだんと冬らしくなってきました。風が冷たく寒波が近ずいているのがわかります。北日本はすでに大雪にみまわれているとか西日本の山口県も寒波襲来!気温がどんどん下がっていきそうです。

Img_8123

葡萄の木たちも北風に吹かれながら静かに冬眠中です。

Img_8119

葡萄園の広場に霜柱が立っていました。子供のころは大きな霜柱が観えていましたがそんな大きな霜柱が見えなくなりました。これもまた温暖化の影響なのでしょう!子供のころには、ズボンのポケットに手を突っ込んでわざわざ霜柱の上をサックサック音をたて歩いたものです。麦畑ではお年寄りが麦踏をしていた光景が思い起こされます。

Img_8120

観てもろ~てありがとう。

|

2010年11月30日 (火)

葡萄の葉も落葉しました

今日の朝もよく晴れて気温が下がり―2℃日中は厚い雲が空を覆って太陽も顔を出さず気温12℃となっています。葡萄の葉も連日の霜で落葉しました。

Img_7869

もう少しすると剪定作業が始まります。この時期、葡萄たちは休眠期です。休眠期には、二段階あります。一段階目は、9月中旬頃から入っていく自発休眠、二段階目は、ある期間低温(7.2℃?以下だったかな?)にあい(800~1200時間ぐらいだったかな?)その後、気温が低く育たない時期の他発休眠があり、だいたい1月中旬頃から始まります。あゆみ農園の葡萄たちも眠りの中です。

Img_7870

一昨年でしたかね?桜の花がなかなか開花しなかった原因が、暖冬で低温時間が足りなかったとゆうことでしたね!やはり冬は寒くないといけないとゆうことです。

チョット知ったかぶってしまいました。(笑い)たまたま、うる覚えていたことでした(大笑い)

剪定バサミと剪定鋸、砥石、結束ひもの準備する季節となりました。寒い中の忙しい作業が始まります。「寒い冬でありますように!」。

観てもろ~てありがとう。

 

|

2010年10月27日 (水)

葡萄畑に虹の橋

葡萄畑の空にうっすらと虹の橋がかかっていました。

Img_7134

今日は、寒~昨日の午後から一気に気温下がり秋でなく冬です。気温12:50現在12℃のブドウ畑です。雨が降り草刈りが遅れ今日も草刈り作業ですが草刈り機のハンドル持つ手が冷たく感じられ、手袋しての運転になりました。

Img_7147

葡萄の葉も黄色くなり始め風に黄色い葉が舞っている10月27日今日の巨峰畑の様子です。

Img_7143

葡萄畑にも初秋から晩秋、冬へと季節がながれて行きます。

西高東低の冬型になった今日の山口県周南市須金あゆみ農園の巨峰畑の風景でした。

観てもろ~てありがとう。

|

2010年10月16日 (土)

ぶどう畑の空

Img_6923

あゆみ農園のぶどうの収穫も無事終了、ひっそりとしたぶどう畑です。

Img_6934

これから今年最後の草を刈りをしたり、有機物を入れて土ずくリをしたり、ぶどうたちに、ご飯(肥料)をやったり、棚線の張替をしたりと、来年に向けて作業の切れ目なく続いて行きます。秋の収穫迎える為には、一年サイクルの目に見えない地味ですが大切な手入れが必要です。大変ですがそれが面白くもあります。かあちゃんに時々、「もう!お父さんは、ぶどうのことしか頭にないんじゃケー」と言われます。(笑い)

Img_6922 

今日は、この田舎おやじの生まれ育った生家の手入れに行きます。ここでも家の周りの草を刈ったり、水源のから家までのパイプ補修したり、窓を開け広げて家に風を通したりといろいろ用事があります。ワシの仕事でもあります。父母が苦労して建てた家です守ってゆかないと、、、、、、。いろいろな思い出が詰まった場所、ふる里でもあります。

Img_6930

葡萄園の作業は、休みにしてケンと一緒にサ―出発!。

観てもろ~てありがとう。

|

2010年10月 6日 (水)

鳥の被害ひどく甲斐路収穫できず

とうとう今朝、鳥の食害の為、甲斐路全滅収穫できず。

Img_6634

Img_6637

赤嶺の被害もひどく全房もぎとり、収穫半減やられました。

Img_6628

一年かけて育てたぶどうこの2品種、鳥に食べられ1本残し他は、収穫終了。残した木もどうなることか?

Img_6633

胃が痛くなりますの~本当に!力抜けます、この脱力感、ボ―としばらくぶどうの房たち眺めていました。自分の対処不足ですが、、、、、、。来年は、鳥には食べさせません!鳥も生きる為、しかしワシも生きる為生活がかかっています。負ける訳にはいきません!

観てもろ~てありがとう。

|

2010年10月 3日 (日)

甲斐路

甲斐路が鳥たちに食べられています。

Img_6572

やれやれです。ヒヨ、烏、小鳥たちに集中攻撃、収穫直前に、、、、、、、、。テープを張ったりスジ糸張ったりとしたのですが、、。このざまです

Img_6571

太陽の日を直接浴びないと着色しない品種(直光性品種)なので袋をはずしていたのですがね!、毎年少しは、被害があるのですが、今年は、鳥害ひどくなっていますフ―、、、、、。

Img_6569

よく観ると、今年は房の上や枝に止まらず、ホバーリングしながら実を食べています。いつもとは食べ方が違います。これは、何か学習したのでは、?と思ったりもします。

今年は鳥獣害のひどい年になりました。新たな対策を考えないといけなくなりました。

観てもろ~てありがとう。

|

より以前の記事一覧