カテゴリー「草花」の記事

2013年2月14日 (木)

おやっ!

葡萄園前の川端

Img_4871_5

Img_4848_2


小さなふくらみだった綿毛が日をおうごとにおおきく膨らみだしました

山側に行ってみると、おやっ!
枯草に守られながら白い小さなつぼみが!

近ずいて観るとスミレです。オ~

Img_4898

つい数日前には蕾つけていなかったのにここにも春が訪れていました。
このそばにも、もう一つぼみ着けていました。

本日のケンは、山側が気になるのでしょう立って覗いて遊んでいます

苦しくないのでしょうか?わからないのかも?、、、と

Img_4811

Img_4813

「うるせ~黙れワン!」

葡萄園の周りの野山に春がまた一つ二つ訪れていました。

見てもろ~てありがとう「俺も○○、、、ワン!」

|

2012年1月 7日 (土)

銀色の綿毛

Img_2177 

今日は1月7日 七草粥 ケンを連れ川端に降りてみるとネコヤナギの銀色の綿毛がポッポと膨らんでいました。ケンは、ほったらかして(かまわないで?)パチッと何枚かデジカメに押し込んでしばし眺め、、、、ウ~ン良いね~。

Img_2173

「春じゃ」と大寒もすぎていないのにもかかわらず、ちーと(少し)早い自分勝手な思いが先走る

ケンは、年末からじいさん家で居候生活を送り、いっそうの「殿様扱い」 (玄関に厚い布団を敷いてもらい我が家では食べれないえ~えもん食って偉そうにふんぞり返っておりました) を受けややこちらもふっくらふくらみ気味、久々に御帰宅本日は、葡萄園に来て野鳥たちに話しかけております。(うるさい)

Img_2179

元気一杯のわがまま男で絶好調 「今日は布団ないぞ~オヤジのウッウオン!」「誰が知るか~わがままもええかげんにせいや~!」

観てもろ~てありがとう

|

2011年5月 6日 (金)

やっと出会えましたイチリンソウ

Img_0201

ケン、鼻先をクンクンしながら右へ左へ落ち着きなく動きまわりながらの散歩中、この男の鼻先に野イチゴの花とは違う白い花が目に飛び込んできました。オ~なんとマサカ散歩道にイチリンソウ「ケンこら!踏むな」と声を出してしまいました。さっそくパチリ、ケンはオヤジの毎度の行動、ヘリ(そば)でごそごそ遊んでいました。

Img_0196

キンポウゲ科:イチリンソウ 呼び名のとおり一本の茎に一輪白い花を咲かせることから一輪   草と名前がつけられたそうです。

Img_0199

何か一本に一輪しか花咲かせないなですが凛とした存在感をだしているように感じさせまた力強さも持っている野の花のような気がします。

観てもろ~てありがとう

|

2011年4月23日 (土)

ケンとの散歩道花咲いていました

Img_9928

毎度のケンとの朝の沢沿いの散歩道一匹と一人の小さな旅、檜林の側でこの花に出会いました。昨年は、観ることができなかったショウジョウバカマです。

Img_9932

今年、2回目の新しい花との出会い

Img_9926

Img_9927

ユリ科:ショウジョウバカマ

観てもろ~てありがとう

|

2011年4月12日 (火)

道端にミヤマカタバミの白い花

Img_9604

昨年は出会えなかった花です

Img_9605_2

Img_9606

ミヤマカタバミ:カタバミ科 山地のスギ林やブナ林で見ることができるそうです

小さな花ですがきれいに咲いていてくれてました。

観てもろ~てありがとう

|

2011年4月 9日 (土)

かあちゃんの花壇に黄色い水仙の花

Img_9557

かあちゃんの花壇に黄色い水仙の花が咲き始めました。

ふっくらとした蕾も見られます。

Img_9562

次はどんな花が見られるのでしょうかかあちゃんしか知りません

Img_9558

観てもろ~てありがとう

|

2011年4月 1日 (金)

アマナの花

ぶどう畑の土手にひっそりと暖かい春の日差し浴びて花咲かせてくれていました。

Img_9486

朝方観た時は、閉じた花に露がのっていました。

Img_9501

昨年は、観つけることができなかった花のひと花です今年は、アマナに花を見せてもらいました。

Img_9507

ユリ科:アマナ 花の外側には濃紫の筋がみられます

観てもろ~てありがとう

|

2011年3月19日 (土)

川端にネコヤナギの花

Img_9363

ケンは春の日差し浴びながら草の上で気持ちよさそうに昼寝中

川端に降りてみるとネコヤナギの花が咲いていました

Img_9368

Img_9366

Img_9372

Img_9365

菜の花の黄色が少し少し広がっていっています。

|

2011年3月18日 (金)

寒さに花弁閉じていたコスミレ咲きだしました

Img_9356_2

春とは名ばかり雪舞う寒さの中花咲かせようとじっと耐えていたスミレたち今日は、昨日までの寒さがうそのようにどこかへ青い空が広がり暖かい太陽が顔を出してくれ時より心地よい風が吹く山あいの道端に薄紫色したコスミレの花たちがめいっぱい花弁広げて咲き始めてくれていました。

Img_9353

震災から七日、厳しい状態がいまだに続き、さまざまな困難を乗り越えようと頑張っておられる方々には頭が下がります。報道を見聞きするたびに涙が出て止まりません

被災地の方々には、困難をのりこえられ心に花咲き笑顔が少しでも多くこぼれる日が一日も早く来ることを祈るばかりです。

残念にも震災でとおとい命をおとされた多くの方々にこちらで本日花咲かせ始めたこのスミレの花をブログからではありますがお供えさせていただきます 「合掌」

|

2011年3月17日 (木)

雪舞う中にスミレ

Img_9338

うっすらと雪化粧した朝になった山あいのぶどう園日中も雪が舞っています。そんな空模様の中スミレが花咲かせようとしていました。

Img_9330

Img_9332

昨日天皇陛下が被災地の方々、救援活動のしている方々、国民にお言葉がありました。

国民に対し「被災した各地域の上にこれからも長く心を寄せ、被災者と共にそれぞれの地域の復興の道のりを見守り続けていくことを心より願っています」 と述べられました。

自分のできることを考え行動し明日の日本へ向けて手と手をつなぎ助け合い頑張らないといけないお思いました。

中には人間として心の淋しい人もいるとはいえ多くの人たちが手を取り合い大きな輪になっていっています。日本人すてたものではありません

世界各地から救援してもらいありがたいことです。

心淋しい人にはなりたくはありません小さな瞳が大人を観ています。あたたかい心をもった人間に成長し次の日本をしょっていく子供たちへ大人の身勝手な言動、行動は、見せてはいけません

我が家もわずかですが募金させてもらいました。これからも自分に出来ることで応援させてもらいます。

|

より以前の記事一覧